えっ?それでいいの?仏教のおもしろエピソード

  • 2017.02.24 Friday
  • 17:12

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

人類が生まれて以来、欲というものにより消耗して、また発展してきた生物。

 

たいそう創造神がいるのなら

 

もっとええように作ってくれよ

 

と言いたくなるところですが今日は、人間の三大欲求の

 

性欲

 

の仏教のお話。

 

なんというか本を読んでいて

 

え?それでええんかい!?

 

と突っ込みたくなる話だったので紹介します。簡単にね。

 

ブッダ、いや釈尊(ゴータマさん)の弟子にえらい美形な人がおったそうです。

 

なんで女性が寄ってくる寄ってくる。

 

男子なら一度は妄想したような方が仏弟子だったんですね。

 

なので美女もまた月のような引力の様に吸い込まれてきます。

 

いくら美形といえども美女を目の前にするとお坊さんぽくいうなら

 

心中の海ははなはだ暴れるがごとく

 

心が揺れるわけですね。

 

そこでもうたまらん気持ちになったその人は釈尊に

 

美形弟子:すんません、あんなべっぴんさんと結ばれたいから弟子やめます

 

と言ったそうです。

 

現代日本でいいうなら中学校男子の時代に新垣ゆいさん、ガッキーが

 

誘ってきたらどうなるでしょうか。

 

そりゃ家出しますよ。

 

置手紙も

 

父さん、母さん、僕、愛に生きるよ!

 

と書くでしょうね。

 

さてその状態で釈尊は何を言ったかが注目です。

 

釈尊:美女ってどんな女なん?ええ女なん?ちっと紹介してえな

 

と言ったそうです。(関西弁ではないですよ!)

 

そしてそのジャニーズな弟子と木の陰から覗く二人。

 

美形弟子:お師匠、あの人です。禁欲とか無理でしょ・・・

 

まるで親友に彼女を見せびらかす中学男子ですね。

 

そこで釈尊は何を言ったかというと

 

釈尊:ん〜あれ美女か?

 

美形弟子:んんんん!

 

そりゃ彼女がガッキーなら誰しもがすげえ!かわいい!と言いそうなのにまさかの答え。

 

釈尊は強がりなのか!

 

と思ういなや

 

釈尊:ちょっと手をつないで

 

美形弟子:えっ!釈尊ってホ〇?

 

とこんなくだりは知りませんが釈尊はその手を引いて

 

天界に移動し 帝釈天さんなどの天の宮殿につれていきました。

 

そこには使用人の天女がたくさん。そう天女ですよ。

 

もう日本でいうなら昔の吉永小百合さんレベル。

 

違うか!

 

すると

 

釈尊:これとどっちがガッキーどっちがいい?

 

美形弟子:・・・・・天女・・・・

 

釈尊:お前が悟ったら紹介したるわ

 

美形弟子:・・・・・・うん・・・がんばる・・・

 

ということでこの美形弟子は必死に修行して悟ったそうです。

 

日本のこの手の話もありますが後日紹介しましょうか。

なんと何千年まえか知りませんが、このような高度な教えを釈尊はされてたのですね!

 

 

ただ続きが分からないんですよね。

 

そして悟った・・・で終わってます。

 

美形弟子は、合コンにつられて悟った話ですがどうなんでしょうね・

 

まさか、あの釈尊が女を餌に弟子にがんばらせたとは笑

 

これはいわゆる 小欲 と 大欲 の話なのかな〜とおもうと

 

事実の話ではなく、密教などの大乗仏教の理論が確立されてからの

 

創作なのかなと思います。

 

どうでしたか。人間臭いでしょ笑

 

こういう部分、私大好きです。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM