お坊さんの怖い話 話題の幸福実現党信者のお家に盆行参り

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 21:53

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

私はとある静岡の小さいお寺の副住職なのですが

 

修行終わった2年後に7月に大きな寺から盆行を手伝ってほしいとのことで

 

他県にいっていました。

 

まあ普通の盆行でございましたがある日そこの住職さんに

 

住職:ねえ、午後は少なめにするからさ、ここは時間通りに行ってくれないか?

 

と言われ

 

いいですよ〜と二つ返事。

 

住職:ちなみに線香は立てないで、まいてやってくれない?

 

そしていつもと同じで

 

いいですよ〜と私。

 

とりあえず時間通りにそのお家に行く私。

 

家は、まあ、、、ぼろいかな?

 

昔のチャイムをならすと太めのおばあさんが登場。

 

ありがとう、早く入ってやってくださいな

 

と言われ、

 

ああ、住職さんめんどくさい檀家さんを私につけたな

 

と苦笑いしながら中に入る私。

 

そこに広がる光景は

 

本当に汚い、そして18禁な本が散乱、ティッシュもたくさん。空気はほこりくさい。

 

そして生臭い。(あの男性が出すにおいです)

 

まあそれはお家の勝手で、自分の家をきれいに使用が汚くしようが

 

私が忠告するのはおかしいので反応せず仏壇を探す私。

 

そこへおばあさん。

 

これですこれ。

 

すると、キリスト教?のような宮殿の仏壇が。

 

もうよくわからないんでそそくさと盆行を始める私。

 

もうお経は寝ながらでも言える盆行の内容なので

 

あかんのですが唱えながら白い神殿のような仏壇を観察する私。

 

なにやら下の段に本があるな・・・

 

あ、これ幸福の科学の大川さんやんけ!

 

なぜ?じゃあ盆行に?

 

まあ長いは無用と思いそそくさと帰る準備をします。

 

するとおばあさんが

 

あかん!帰ってきたから裏からでて

 

と焦った顔をするので声も出さずにこくりとうなずき風をきるように出ていく私。

 

裏からでたとたんに車のバタンという音。

 

ガラガラと扉に入る音。

 

もう後ろは振り向かず速足でその場を離れる私。

 

すると

 

くそばばあ!!!なにしとんじゃ〜〜〜

 

と叫ぶおじさんの声。

 

これ警察に言ったほうがいいのでは・・・

 

と思い寺に帰り住職さんに伝える。

 

ああ、あそこはそれが普通なんよ、何回も警察よんでるけど・・・

 

と言われる私。

 

住職に聞いたところ、

あのおばあさんは非常に信心深い人なのだが

 

息子さんが幸福の科学に入ってから

 

仏壇を処分され、法事などもできなくなり

 

あの状態らしい。

 

別に幸福の科学の大川さんの目指すものは違うのかもしれなく

 

息子さんの暴走なのだろうが

 

宗教ってなんだろうと若いながら考えさせられた思い出があります。

 

とりあえず住職はお食事をおごってくれましたので

 

私、けっこうぎりぎりの戦いをしてたのかもしれません笑

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

広告

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM